任意整理・無料相談.com

任意整理と個人再生の違いは?

 

とても返済できないような多額の借金を抱えてしまっても、
借金のすべてが免除される自己破産や、借金が減額されて分割返済を行う任意整理や個人再生といった手続きで解決することが可能です。
自己破産を選ばれると借金のない生活に戻れますが、住宅や車などの財産は差し押さえられます。
出来るだけ最終判断として選ばれると良いです。
任意整理では裁判所を通さずに債権者と任意で交渉を行い、
将来利息のカットや借金減額が行われた後に3年から5年での分割払いを認めてもらいます。
債権者によっては応じてくれないことがありますが、自己破産されるより多く回収できるので、債権者が応じてくれることが多くなっています。
住宅ローンや車のローンは支払いを続け、消費者金融のみ任意整理するといった債権者を選んで債務整理することが可能です。
個人再生では裁判所に提出した再生計画が認可されると、大幅に減額された借金を3年から5年での分割払いが行えます。
支払いが終われば借金はすべて完済となります。
自己破産と違って住宅や車などの財産は残したまま債務整理を行えます。
借金の総額によって最低弁済額が変わる仕組みになっており、500万円以上1500万円未満の場合は借金額の5分の1と、
任意整理するより毎月の返済がかなり楽になります。