任意整理・無料相談.com

任意整理と債務整理の違いは?

 

任意整理は借金ができないと判断した際に弁護士などに間に入ってもらい、債権者と交渉をして借金を減額交渉を進めて借金を整理する方法になります。具体的には債務者は弁護士に相談をした段階で債権者に対して一件ずつ請求の差し留めを行うことができます。この時点で債権者は債務者に対して新たに請求書を送付したり、借金の督促を行うことはできなくなります。
その後、弁護士などが債務者の代理人として債権者と借金の減額交渉を行います。おもに過払い金があればその点を交渉材料とし、減額されるように交渉を進めていきます。
双方で交渉した結果、納得できる金額であれば合意と言うことで、お互いの折り合いのつく条件の元、債権者が返済をしていくこととなります。

債務整理は任意整理を含めた借金の整理方法の総称です。債務整理と呼ばれる整理方法の中には任意整理、自己破産、個人再生、特定調停などが含まれています。ですから任意整理と債務整理の違いは特になく、債務整理の一環として任意整理があるということになります。どれも整理方法は異なり、任意整理のように債務者と債権者の間のみで話し合って借金を減額するものもあれば、自己破産のように裁判所へ申し立てをして、手持ちの財産と呼べるもののほとんどを失う代償に抱えている借金支払い義務がなくなるといったものまで様々です。どのような整理を行うかは個人の状況にもよって異なります。